宇宙環境利用の展望

本事業は、日本小型自動車振興会からオートレースの補助金を受けて実施したものです。


「宇宙環境利用の展望」は、財団法人宇宙環境利用推進センター(JSUP)が宇宙環境利用に関する情報収集・提供の一環として、平成4年度以降毎年発行してきた報告書です。平成18年3月のJSUP解散により、本業務は当機構に引き継がれ、今後も毎年発行し続ける予定です。

本書は、宇宙環境利用に関する最近の研究成果や今後の課題について、各分野でご活躍されている方々に解説いただき、さらにその分野の展望を考察いただいたものを掲載しております。微小重力環境における実験・研究を中心に、宇宙環境の利用を広義に捉え、その年の新しい動きについても盛り込んであります。過去の報告書をたどれば、宇宙環境利用をとりまく状況の変化を読み取ることもできます。

宇宙環境を利用した研究やその企画立案に携わる方々に、大いに活用していただければ幸いです。


平成22年度:「きぼう」実験運用、「はやぶさ」

平成22年度宇宙環境利用の展望

第1章 「きぼう」実験運用の概要-「きぼう」利用の舞台裏 -

宇宙航空研究開発機構 有人宇宙環境利用ミッション本部
宇宙環境利用センター 若月孝夫

第2章 魚類のウロコを用いた宇宙生物学的研究

金沢大学 鈴木信雄、北村敬一郎、清水宣明、染井正徳、笹山雄一
JAXA 大森克徳、矢野幸子、重藤祐子、谷垣文章
JSF 鈴木ひろみ、嶋津徹、岡山大学池亀美華
富山大学 田渕圭章、高崎一朗、和田重人、近藤 隆
東京海洋大学 遠藤雅人、早稲田大学中村正久、東京大学井尻憲一
東京医科歯科大学 田畑純、奈良雅之、服部淳彦

第3章 植物の重力(機械)刺激受容機構の解明に向けて

奈良先端科学技術大学院大学・バイオサイエンス研究科学術振興会 特別研究員 豊田正嗣

第4章 マランゴニ対流実験報告 -G-jitterと液柱動的変形について-

東京理科大学理工学部 機械工学科 上野一郎

第5章 産業応用を目指したナノ材料の微小重力実験

宇宙航空研究開発機構 有人宇宙環境利用ミッション本部
宇宙環境利用センター 越川尚清

第6章欠番

 

第7章 「はやぶさ」カプセル回収に電池の果たした役割

宇宙航空研究開発機構 曽根理嗣

第8章 準天頂衛星システムの技術実証について

宇宙航空研究開発機構 宇宙利用ミッション本部 準天頂衛星システムプロジェクトチーム
岸本統久、野田浩幸、沢辺幹夫、寺田弘慈

第9章 小型ロケットTEXUS46号機による液滴列燃焼実験

宇宙航空研究開発機構 宇宙科学研究所 ISS科学プロジェクト室 菊池政雄

第10章 Parabolic Flight Experiments by Students from the Asia-Pacific Region

Japan Aerospace Exploration Agency and the Japan Space ForumMuneo Takaoki
The National Space Agency of MalaysiaMohd Helmy Hashim, Mohd Fairos Asillam
National Science and Technology Development Agency of ThailandSawat Tantiphanwadi

Get ADOBE READER

AdobeReaderのダウンロード

PDFファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社が配布しているAdobe Reader(無償)が必要です。Adobe Readerをインストールすることにより、PDFファイルの閲覧・印刷などが可能になります。
Adobe、Adobe ロゴ、Readerは、Adobe Systems Incorporated(アドビシステムズ社)の米国ならびに他の国における商標または登録商標です。

宇宙環境利用の展望
ページトップへもどる