宇宙環境利用の展望

本事業は、日本小型自動車振興会からオートレースの補助金を受けて実施したものです。


「宇宙環境利用の展望」は、財団法人宇宙環境利用推進センター(JSUP)が宇宙環境利用に関する情報収集・提供の一環として、平成4年度以降毎年発行してきた報告書です。平成18年3月のJSUP解散により、本業務は当機構に引き継がれ、今後も毎年発行し続ける予定です。

本書は、宇宙環境利用に関する最近の研究成果や今後の課題について、各分野でご活躍されている方々に解説いただき、さらにその分野の展望を考察いただいたものを掲載しております。微小重力環境における実験・研究を中心に、宇宙環境の利用を広義に捉え、その年の新しい動きについても盛り込んであります。過去の報告書をたどれば、宇宙環境利用をとりまく状況の変化を読み取ることもできます。

宇宙環境を利用した研究やその企画立案に携わる方々に、大いに活用していただければ幸いです。


平成21年度:曝露部観測装置、ライフサイエンス実験

平成21年度宇宙環境利用の展望

第1章 「きぼう」利用現在・過去・未来

宇宙航空研究開発機構 有人宇宙システム本部
宇宙環境利用センター 藤本信義

第2章 MAXI全天X線監視装置の初期成果と将来展望

宇宙航空研究開発機構 宇宙科学研究本部
ISS科学プロジェクト 室松岡勝

第3章 超伝導サブミリ波リム放射サウンダ (SMILES) の概要と初期成果

宇宙航空研究開発機構 宇宙科学研究本部
ISS 科学プロジェクト室 佐野琢己

第4章 「きぼう」曝露部搭載宇宙環境計測装置(SEDA-AP)の開発と初期データ

宇宙航空研究開発機構 研究開発本部 宇宙環境グループ 五家建夫

第5章 「JEMにおけるライフサイエンス実験-2009年」

財団法人日本宇宙フォーラム 宇宙利用事業部 嶋津徹
宇宙航空研究開発機構 宇宙環境利用センター 矢野幸子

第6章 国際宇宙ステーションKibo利用宇宙実験Life Science最初の実験Rad Geneの成果 ―宇宙放射線のヒト遺伝子への影響―

大西 武雄1,2*,高橋 昭久1,2,永松 愛子2,鈴木 雅雄3,鶴岡 千鶴3, Xiaoming Su1,鈴木 ひろみ4,5,大森 克徳2,
嶋津 徹4,関 真也5,6,橋爪 藤子5,6,石岡 憲昭2,5
(1奈良県立医科大学,2宇宙航空研究開発機構,3放射線医学総合研究所, 4日本宇宙フォーラム,5鹿児島大学,6㈱エイ・イー・エス)

第7章 宇宙ステーション補給機(HTV)技術実証機の飛行結果

宇宙航空研究開発機構 有人宇宙環境利用ミッション本部 HTVプロジェクトチーム
虎野吉彦、小鑓幸雄、佐々木宏、鈴木裕介、植松洋彦、深津敦、山中浩二、麻生大

第8章 高高度気球を利用した微小重力実験システムの構築

宇宙航空研究開発機構
石川毅彦、稲富裕光、橋本樹明、澤井秀次郎、斉藤芳隆、吉光徹雄、坂井真一郎、小林弘明、藤田和央、坂東信尚

Get ADOBE READER

AdobeReaderのダウンロード

PDFファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社が配布しているAdobe Reader(無償)が必要です。Adobe Readerをインストールすることにより、PDFファイルの閲覧・印刷などが可能になります。
Adobe、Adobe ロゴ、Readerは、Adobe Systems Incorporated(アドビシステムズ社)の米国ならびに他の国における商標または登録商標です。

宇宙環境利用の展望
ページトップへもどる