宇宙環境利用の展望

本事業は、日本小型自動車振興会からオートレースの補助金を受けて実施したものです。


「宇宙環境利用の展望」は、財団法人宇宙環境利用推進センター(JSUP)が宇宙環境利用に関する情報収集・提供の一環として、平成4年度以降毎年発行してきた報告書です。平成18年3月のJSUP解散により、本業務は当機構に引き継がれ、今後も毎年発行し続ける予定です。

本書は、宇宙環境利用に関する最近の研究成果や今後の課題について、各分野でご活躍されている方々に解説いただき、さらにその分野の展望を考察いただいたものを掲載しております。微小重力環境における実験・研究を中心に、宇宙環境の利用を広義に捉え、その年の新しい動きについても盛り込んであります。過去の報告書をたどれば、宇宙環境利用をとりまく状況の変化を読み取ることもできます。

宇宙環境を利用した研究やその企画立案に携わる方々に、大いに活用していただければ幸いです。


平成20年度:宇宙基本法、かぐや

平成20年度 宇宙環境利用の展望

第1章 「きぼう」実験運用の概要-「きぼう」利用の舞台裏 -

松浦 晋也

第2章 「きぼう」日本実験棟プロジェクトの概要

宇宙航空研究開発機構 JEM運用プロジェクトチーム 今川 吉郎
JEM開発プロジェクトチーム 荒井 功恵、下田 孝幸

第3章 国際宇宙ステーション日本実験棟「きぼう」における最初の科学実験:MEIS

諏訪東京理科大学 河村 洋

第4章 ISS/きぼうでの文化・人文社会科学利用パイロットミッション

宇宙航空研究開発機構 有人宇宙環境利用ミッション事業推進部 松尾 尚子

第5章 「きぼう」マイクロg環境測定結果

宇宙航空研究開発機構 有人宇宙環境利用ミッション本部 宇宙環境利用センター 後藤 雅享

第6章 3次元フォトニック結晶生成宇宙実験の今

宇宙航空研究開発機構 宇宙環境利用センター 小林 智之、田淵 光彦

第7章 タンパク質の高品質結晶生成宇宙実験の今

宇宙航空研究開発機構 宇宙環境利用センター 小林 智之、佐野 智

第8章 氷結晶成長実験の成功に至るまで

宇宙航空研究開発機構 宇宙科学研究本部 ISS科学プロジェクト室 吉崎 泉

第9章 きぼう溶液結晶化観察装置の開発

宇宙航空研究開発機構 宇宙環境利用センター 松本 邦裕

第10章 「きぼう」におけるファセット的セル状結晶成長実験までの道のり

宇宙航空研究開発機構 宇宙科学研究本部 稲富 裕光

第11章 宇宙ライフサイエンス若手の会の取り組み

東北大学大学院 生命科学研究科 宇宙環境適応生態分野高橋研究室
宇宙ライフサイエンス若手の会 会長 渡辺 千秋

第12章 民間発、産学官連携型の新教育システム「宇宙教育プロジェクト」の試み

丸幸弘[1]、川名祥史[1], [2]、長谷川和宏[1]、藤田大悟[1]、高橋修一郎[1]([1]株式会社リバネス[2]横浜国立大学ベンチャービジネスラボラトリー)

第13章 月探査衛星「かぐや」搭載ハイビジョンカメラ~その開発と地球の出の撮影~

日本放送協会(NHK) 放送技術局 コンテンツ技術センター制作・開発推進 山崎 順一

Get ADOBE READER

AdobeReaderのダウンロード

PDFファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社が配布しているAdobe Reader(無償)が必要です。Adobe Readerをインストールすることにより、PDFファイルの閲覧・印刷などが可能になります。
Adobe、Adobe ロゴ、Readerは、Adobe Systems Incorporated(アドビシステムズ社)の米国ならびに他の国における商標または登録商標です。

宇宙環境利用の展望
ページトップへもどる