イベント

平成26年度

G空間EXPO 2014 展示会

開催期日

平成26年11月13日(木)~15日(土)

主催者

G空間EXPO実行委員会

 概要

日本科学未来館にて開催された「G空間EXPO2014」の「宇宙技術でG空間の未来を拓く」の宇宙ゾーンに設置された経済産業省宇宙産業室のブースに展示協力を行い、当財団の地理空間情報に関連する展示・説明を行った。

1 2 3
宇宙ゾーン全景(入口付近より) 経済産業省宇宙産業室ブースの展示状況 ASTER GDEMを利用した3Dプリンタによる富士山付近の三次元出力例

 

 

展示したパネルは次の通りです。

 

平成25年度成果報告会 その他

開催日時

開催日 平成26年7月9日(水)13時~17時20分 終了後、ビジネス交流会

開催概要

当財団は昨年4月に一般財団法人に移行、平成25年度は移行後、初の事業年度になります。当財団は、日本の宇宙産業の発展、内外の経済社会の宇宙利用の拡大を推進するため様々な事業を推進しております。
従来からの受託事業、財団独自の実施事業等を推進していますが、当財団の2つの技術本部から、各本部の平成25年度実施概要を説明、個別の事業は実施事業を2件、受託事業4件の報告を行いました。
約200名の参加があり、参加した方には熱心に聴講頂きました。
皆様の事業に少しでもお役に立てればと考えております。
また、報告会終了後にはビジネス交流会を開催、参加された方は積極的に交流を図っておられたと感じております。

プログラム

・開会挨拶  三本松 進  J-spacesystems 専務理事
・来賓挨拶  恒藤  晃  経済産業省 製造産業局 宇宙産業室長

【第1部】
・技術開発本部の活動概要                                        
三原 荘一郎 J-spacesystems 技術開発本部 本部長
・利用技術本部の活動概要                                        
鹿志村 修  J-spacesystems 利用技術本部 副本部長

【第2部】
(実施事業報告)
・次世代システムとそのコンステレーションの調査研究                       
唐原  健  J-spacesystems 技術開発本部 システム開発部 衛星システム開発課長
・海外人材育成を含めた衛星データ拡大事業活動報告                       
広瀬 和世  J-spacesystems 利用技術本部 利用研究部 担当部長

(受託事業報告)
・HISUIセンサ開発概要                                           
谷井  純  J-spacesystems 技術開発本部 ミッション開発部 部長
・ハイパースペクトルデータによる鉱床探査と鉱物・反射スペクトルデータ整備         
立川 哲史  J-spacesystems 利用技術本部 利用研究部 利用技術開発課長
三箇 智二  JX日鉱日石探開株式会社
・衛星画像データの非在来型石油・ガス資源への応用                        
成田 龍彦  J-spacesystems 利用技術本部 利用研究部 利用推進課長
大沼 巧   株式会社地球科学総合研究所
・太陽光発電無線送受電技術研究開発の概要                            
中村 修治  J-spacesystems 技術開発本部 システム開発部 担当部長

Get ADOBE READER

AdobeReaderのダウンロード

PDFファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社が配布しているAdobe Reader(無償)が必要です。Adobe Readerをインストールすることにより、PDFファイルの閲覧・印刷などが可能になります。
Adobe、Adobe ロゴ、Readerは、Adobe Systems Incorporated(アドビシステムズ社)の米国ならびに他の国における商標または登録商標です。

ページトップへもどる