イベント

平成24年度

国連気候変動枠組条約第18回締約国会議(COP18),京都議定書第8回締約国会合(CMP8) その他

開催日(期間)

平成24年11月26日 ~ 平成24年12月8日

主催者

国連

概要報告

国連気候変動枠組条約第18回締約国会議(COP18),京都議定書第8回締約国会合(CMP8)が、2012年11月26日~12月8日まで、カタール国ドーハで開催され、地球温暖化対策等、気候変動に関する交渉が行われた。はじめて中東で開催され、約190の国から政府関係者、民間・NGOから9000名程度の参加があった。
京都議定書第二約束期間を2020年までの8年間とすること、2020年以降の新たな枠組みの作業計画に関する決定などが行われた。また、REDDプラス(途上国における森林伐採・劣化に伴うGHG排出量削減対策)は、先進国と途上国双方が強い関心を示す数少ない議題であり、技術指針および資金メカニズムについて議論が行われた。
J-spacesystemsは日本政府ブースにて日本のリモートセンシング技術の紹介、HISUIに関する広報活動および情報収集を実施した。

(一社)日本リモートセンシング学会 第53回(平成24年度秋季)学術講演会 その他

開催日(期間)

平成24年11月19日 ~ 平成24年11月20日

主催者

(一社)日本リモートセンシング学会

概要報告

(一社)日本リモートセンシング学会の第53回(平成24年度秋季)学術講演会は、2012年11月19~20日に広島大学東広島キャンパスで開催され、地球観測リモートセンシングに関する研究について約130件の報告があり、活発な討論・意見交換が行われた。
J-spacesystemsでは展示ブースを設置しHISUIプロジェクトに関する広報活動および情報収集を実施した。

第8回SPIEアジア‐パシフィックリモートセンシング会議 その他

開催日(期間)

平成24年10月29日 ~ 平成24年11月1日

主催者

SPIE – the international society for optics and photonics

概要報告

SPIEアジア-パシフィックリモートセンシングの第8回目の会議が、国立京都国際会館で開催され、Plenaryセッションと7つのコンファレンスが行われた。
地球観測リモートセンシングにおける、世界各国の政府機関・大学・企業の科学者・技術者が一堂に会し、研究について約430件の報告とともに、活発な討論・意見交換が行われた。
J-spacesystemsでは展示ブースを設置しHISUIプロジェクトに関する広報活動および情報収集を実施した。

IGARSS2012 その他

開催日(期間)

2012/07/22-07/27

主催者

IGARSS2012

概要報告

ASTER, PALSARデータの配付促進を目的として、IGARSS2012にてブース展示を行い、各種情報の収集を行った。

場所

ミュンヘン

igarss01igarss02
igarss03igarss04

平成23年度 衛星リモートセンシングデータ利用関係事業成果報告会 その他

開催日

平成24年7月6日(金)

主催者

財団法人宇宙システム開発利用推進機構(J-spacesystems)

概要報告

平成23年度衛星リモートセンシングデータ利用関係事業の概要

1.宇宙システム海外展開支援に係る調査
2.ASTER,PALSAR地上データシステムの運用
3. ASTER GDEM
4. ASTER,PALSARデータ利用技術研究開発
  (1)研究開発の概要
  (2)研究開発の事例
5. ハイパースペクトルデータ利用技術研究開発(HISUI プロジェクト)
  (1)研究開発の概要
  (2)研究開発の事例

その他

終了後にビジネス交流会を開催

G空間EXPO 2012 展示会

開催期日

平成24年6月21日(木)~23日(土)

主催者

G空間EXPO実行委員会

概要

パシフィコ横浜にて開催された「G空間EXPO2012」の経済産業省宇宙産業室のブースに協力展示を行い、J-spacesystemsの地理空間情報に関する技術の紹介を行った。
当日は「宇宙から見たあなたの故郷の画像をプレゼント」のイベントで、参加者の希望地域の精細な画像をプレゼントし好評を博しました。
展示したパネルは次の通りです。

ASTER GDM
ASTER利用事例(2011年タイ大洪水)
ASTER利用事例(東日本大震災)
Get ADOBE READER

AdobeReaderのダウンロード

PDFファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社が配布しているAdobe Reader(無償)が必要です。Adobe Readerをインストールすることにより、PDFファイルの閲覧・印刷などが可能になります。
Adobe、Adobe ロゴ、Readerは、Adobe Systems Incorporated(アドビシステムズ社)の米国ならびに他の国における商標または登録商標です。

ページトップへもどる