財団法人宇宙システム開発利用推進機構
第一技術本部


english
TOPUSEF概要プロジェクトシンポジウム調査研究活動技術報告活動報告リンクサイトマップ
SERVIS
ホーム > プロジェクト > SERVIS > 民生部品・民生技術ガイドライン
第二次ガイドラインの公開と入手方法
●第二次ガイドラインの公開
2年間の宇宙実証試験を終了した実証衛星1号機(SERVIS-1)の成果、及び1年間の宇宙実証試験を終了した実証衛星2号機(SERVIS-2)の成果を反映した、以下の第二次ガイドライン類を公開しましたのでお知らせします。

@ 宇宙用機器に適用する民生部品・民生技術の選定、地上評価試験を実施する際の指針となる「民生部品・民生技術選定評価ガイドライン」
A 上記@の付属文書である「民生部品評価試験条件書」
B 民生部品・民生技術を適用した宇宙機器を設計する際の指針となる「民生部品・民生技術適用設計ガイドライン」

これらのガイドラインの活用により、次の効果があるものと期待されます。
宇宙機器に適用したい民生部品・民生技術の効率的な選定や評価試験が実施可能となる。
的確な民生部品・民生技術を適用した宇宙機器の設計が可能となる。
新規参入を目指す中小企業、及び大学等教育機関においても民生部品・民生技術を適用した低コストの衛星及び宇宙機器開発の指針として利用できる。


なお、本プロジェクトでは、実証衛星3号機(SERVIS-3)の開発が進められており、これによる宇宙実証成果を反映し、ガイドラインをブラッシュアップして最終化する予定です。

●ガイドラインの入手方法
・本ガイドラインの入手希望者は、「民生部品・民生技術のデータベース及びガイドライン公開のしおり」をご一読いただき、 「詳細データベース及びガイドライン利用申請書」「誓約書」に必要事項をご記入の上、 (財)宇宙システム開発利用推進機構 事務管理本部総務部宛お申し込み下さい。PDFファイルでお渡しします。
なお、ご不明な点については下記までご連絡下さい。
  E-mailアドレス : SERVIS@jspacesystems.or.jp



Copyright (C) 2003 Institute for Unmanned Space Experiment Free Flyer Foundation. All rights reserved.