HOME > トピックス > 平成29年度補助事業「宇宙産業技術情報基盤整備研究開発事業」公募のお知らせ(9/21採択結果追記)

平成29年度補助事業「宇宙産業技術情報基盤整備研究開発事業」公募のお知らせ(9/21採択結果追記)

2017.07.05

平成29年度補助事業「宇宙産業技術情報基盤整備研究開発事業」公募について

次のとおり公募します。
平成29年07月05日

一般財団法人宇宙システム開発利用推進機構

(1) 公募受付期間 : 2017/07/05 09:00  ~  2017/08/03 17:00

(2) 公募要領 : こちらを御覧ください (公募要領.pdf事業提案申請書(7/24追加改定).xlsx)(事業提案申請書(7/24追加改定)docx
□□□□□□□□□□□□□□□□□交付規程.pdf)(交付規程様式.docx1~12

(3) 公募説明会
□□□□□時間 : 2017/7/14(金)    14:00~15:00
□□□□□場所 : 弊財団会議室 (機械振興会館 4F 406B)

(4) 公募詳細 : e-radの当該ページをご参照ください。

(5) 関連資料 :
□□「平成27年度 宇宙用部品・コンポーネントに関する総合的な技術戦略」等
□□「平成28年度 「部品・コンポーネントに関する技術戦略に関する研究会」 検討結果について」(pdf)
※「部品及びコンポーネントに関する技術戦略ロードマップ」については、紙媒体でのみの配布としております。配布をご希望の方は、(6)のお問い合わせ先までご連絡ください。

  • (6) お問い合わせ先 :
    □□□一般財団法人宇宙システム開発利用推進機構
    □□□担当者氏名:梅里、今井
  • □□□メールアドレス:h29kobo@jspacesystems.or.jp (@を半角に変えてご送付ください)
    □□□電話番号:03-6809-1410
    □□□FAX番号:03-3432-3760

 

2017/07/24 追記

FAQを以下、記載致します

1.(工場の)設備費に使えるのか?
→ 設備を購入した場合、制約としては、補助事業中は、その設備を他の事業には転用・使用できません。
また、補助事業終了後、減価償却(5年)が終わるまでは、処分(転売等)をできません。
(した場合は国庫へ補助金を返納とのこと。)
2.知的財産の取り扱いについて
→ 事業者の事業への補助ですので、知財は元々事業者(100%)のものです。
3.JSSへの提出に加え、E-radへ提案書等もUPしないと行けないのか。
→ e-radへの資料のupは必須事項とはしていません。
提案書は、期日までにJSSに送付して、e-radで応募手続きをしていただく。
4.申請様式等について
→ 7/19にJSSのHPにアップ致しました。ご利用ください。
5.従事日誌について
→ 採択された事業者は、人件費について、補助事業に従事した従事者の日誌の作成が必要となります。 また、他の事業と兼務されている従事者の場合は、全ての事業について、従事した内訳が必要になります。(様式は別途提供します。)

 

2017/09/21 追記

応募のあった事業者について審査を行った結果、以下の通り採択することを決定しました。

採択:4者(4件)

  1. 多摩川精機株式会社
  2. 高砂電機工業株式会社
  3. 合同会社パッチドコニックス
  4. 株式会社ワープスペース

以上

 

お問い合わせ
お問い合わせフォーム
ページトップへもどる