HOME > 財団について > 業務執行理事選定に係わる透明性の確保について

業務執行理事選定に係わる透明性の確保について

平成30年6月27日
一般財団法人宇宙システム開発利用推進機構

1.選考経過

 一般財団法人宇宙システム開発利用推進機構では役員選任に係わる透明性を確保するため、業務執行理事候補者(常勤)の公募を行い、1名の応募があった。
 評議員(3名)から構成される「業務執行理事候補者選定委員会」を平成30年4月26日及び5月10日に開催して審議した結果、久能木 慶治氏が業務執行理事候補者として選定され、評議員会に推薦された。
 この推薦された候補者は、平成30年6月25日開催の第12回定時評議委員会において、理事として選任された。
 また、選任された理事は、平成30年6月25日開催の第18回臨時理事会にて専務理事(業務執行理事)に選任された。

2.新役員に係わる情報

<氏名>     <年齢>   <就任年月日>    <前職>
久能木 慶治  63歳  平成30年6月25日  一般財団法人宇宙システム開発利用推進機構 専務理事(元 経済産業省大臣官房付)
                              

3.選考理由

 当財団の専務理事として2年間の経験があり、経営責任者としての実績はもとより、海外機関との協力協定の締結交渉等を含む諸機関との折衝実績もあり、また、日本の宇宙システムに関する理解も深く、知識・経験・能力を含め適任者と認められた。

以上

ページトップへもどる